Just another WordPress site

幼児語について
未分類 | 01月08日更新

幼児語と呼ばれる言語について

2歳から5歳にかけての幼児期と呼ばれる期間に話される未熟な言語のことをおおまかに幼児語と呼ばれています。幼児語は大きく分けて、狭義の幼児語と、幼児音の2つに分類することができます。狭義の幼児語には、牛をモーモー、犬をワンワンというように擬声語で表現しているものや、頭をおつむというように別な言葉で表現するものを指します。一方で幼児音には、さかなをちゃかな、せんせいをしぇんしぇいというように構音が不明

(さらに…)

未分類 | 01月08日更新

地方に特有の幼児語とは

代表的な幼児語としては「あんよ」「ねんね」「まんま」などがありますが、地方によっては、他の地域では使われない特有の幼児語がみられる場合があります。たとえば関西弁では子供に「座る」という意味で「おっちん」という語を使います。また同じく関西弁で、みかんなどの皮をむくことを「むいむい」と言います。同じ関西でも大阪で通じる語が神戸では通じなかったりと、地域特有の幼児語は限局性が強いことで知られています。
"

(さらに…)

未分類 | 01月08日更新

幼児語以外に語りかけに向いている語

幼児語とは大人が赤ちゃんや幼児に語りかけるときに使う特徴的な語のことです。犬を「わんわん」、鶏を「コッコ」と呼ぶなど、動物の鳴き声から採っているものが多いほか、外を「おんも」、魚を「おとと」など、本来の語の発音とは全く違う独自の語になることもあります。
幼児語は子供にとって理解しやすく、言葉に興味を持つきっかけとなるというメリットがありますが、正しい語を教え直す手間が生じてしまうのも事実です。研究"

(さらに…)

未分類 | 01月08日更新

広義の幼児語とはどのようなものか

幼児語とは一般的には「ワンワン」「ナイナイ」「キレイキレイ」など繰り返しが特徴的な言葉のことをいいます。動物の鳴き声や一般的な単語を重ねた形にすることで、幼児にとって聞き取りやすく、また親しみやすいものとしているのです。こうした繰り返し語以外にも幼児語にはさまざまなものがあります。たとえば発音しにくい音が他の音に置きかえられたものを幼児語と呼ぶことがあります。「わたし」→「わたち」、「めがね」→「

(さらに…)

未分類 | 01月08日更新

幼児語が持つ意義とは

幼児語とは幼児特有の言葉のことです。代表的なものとして「わんわん」(犬)「ブーブー」(車)「ジージー、バーバー」(おじいちゃん、おばあちゃん)などがあります。幼児語は子供が自分で発明したというよりは、周囲の大人が語りかけに利用するものです。聴く力や話す力がまだ発達途上の幼児にとって、簡単な音の繰り返しである幼児語は聞き取りやすく発音しやすいものです。また音自体がどこか可愛らしさをもっており、幼児に

(さらに…)